Go to...

高齢者の高血圧、特徴、注意点

60歳代の約60%以上、70歳以上の70%以上が高血圧にかかっていると考えられており、受診率も全疾患を通じて第1位になっています。加齢とともに収縮期血圧(高いほうの血圧)は上昇し、拡張期血圧(低いほうの血圧)はむしろ低下傾向にあります。高齢者高血圧の特徴について、血圧は加齢とともに増加し、65歳以上の高齢者では約60%が高血圧に罹患しています。
高齢者高血圧の特徴は収縮期血圧が上昇し脈圧が増加する、起立性低血圧や食後低血圧が起こり易い、白衣高血圧の頻度が高いなどが明らかとなっています。加齢とともに収縮期血圧は上昇し、拡張期血圧は低下し、このため脈圧、収縮期血圧と拡張期血圧の差は大きくなります。高齢者における収縮期血圧の上昇と脈圧の増加は脳血管障害や心筋梗塞の危険因子となるこが明らかになっています。
この現象は、加齢による動脈硬化の進展に伴い太い動脈(大動脈)の弾力性が減少し、伸展性が低下するためにためにおこります。
高齢者に多い高血圧の注意点とは何ですか?血圧が激しく上がる理由は、様々な日常の場面の中にあります。たとえば気温が急激に変化したときや興奮や緊張のような感情の変化など、または食生活、喫煙、ストレスが関係して血圧が急に上がることもあります。
急に血圧が上がると、脳卒中や心筋梗塞のような病気が突然出てしまい、命に関わる状態になることすらあります。そのため高血圧にならない生活習慣を過ごし、血圧を安定させるようにすることが必要です。
例えば高血圧の高齢者は、排便のときにトイレであまりいきまないように気をつけましょう。排便時のいきみ動作では、健康な人であっても40~50mmHgぐらい血圧が上がってしまいます。
いきむ動作を中断して大きく息を吸えば血圧は下がるのですが、高齢者は血管反射が鈍くなり、血圧が下がり過ぎて脳卒中や心筋梗塞の発作につながることがありますので注意しましょう。