Go to...

記高齢者の高血圧憶と仙都名山

東海の浜の福鼎市太姥山、人々と呼ばれる:海上仙都,.彼女の評判はますます大きくなって、国内外の観光客が訪れ览胜のいわば:入替立替、日増しに増える.また多くの人が絶賛して、言うのは:靑山人踏破する未老、景色のこちら(側)はただ良い.

太姥山の風景何をやれ、と?それは実地に行ってみる必要がある、それは全貌になって、その廬山本当に姿が.そこで私は家族のマイカー乗用車は、2009年夏のある日、アモイから出発直馳慕って久しい仙都太姥山.私は年近く八旬、強がるも同車と同じ.道を歩いて行くと、千に跋渉、疲れても.泉州、莆田を経て、福州、宁德各市県、進行の千裏は、西が太陽の夕暮れ時に目的地に着く――太姥山.私たちは1行5人がとても綺麗な暖かな“玉のレイク館に住みました」.ここも闽东財政の幹部研修センター、内部の施設はそろって、環境が非常に美しい.過労、当夜は食事、風呂、寝るとしても.よく寝てね,高齢者の高血圧、まどろみして.春でも春というように春、春眠れない暁、どこにでも啼く鳥という感じがありますよ!

第二日、東方夜明け、みんなもっと精神、早く起きました、私のみが完備し、論点杯温水、飲みながら出て寝室のベランダ、慢歩数歩、ベランダの椅子に座って、週囲の風景を楽しむ.ああ!頭を下げて見下ろしてはとても美しい湖、これは有名な玉湖コミュニティ.湖水は起伏して、湖水の光と玉のようで、岸に緑の木、花の倒影湖で、多彩で、活き活きした気がみなぎる.見上げて望が高く、右斜め目:白い雲を回って、雲霧の中の若現若隠の巨大な岩峰実壮観.このときの私、恨みはすぐに飛ぶことができなくて、できるだけ景色を観て、目の保養をして.そこで、子供、孫娘たちはすぐに朝食を食べ、爬山観光する.この日は昙りで、私たちは霧色の中で、重陽に登って進む.道は長い、霧はかすむ、私たちも喜んで,しかも精神旺盛である.順調にのために、私は1本の杖を買い取って、高いの通称.私たちは、玉の湖畔に出てきて、右のカーブを右へ曲がって、右へ曲がって.これは1本の坂邪道広い登山遊覧の道段差たり、歩いたり、歩いた邪道を左へ曲がって、右に曲がって、ついに登場した3つの臨海しながら、山、気勢雄大で、景色が美しいの太姥山岳.やっぱりこれだ険峰、怪石、異穴に加え、山々がそびえ、雲が、さすが副絶好の画面.だから古人と武夷山東方奇異で美しい、海上仙都太姥山.

紹介によると太姥山本名に言ったら山,尧帝時、ある女性が緑雪芽の名茶を、多くの子どもたちが治る病気、人々を感激尊称彼女、彼女を太母さま、死後葬于この山、故改名為“太母山」.漢の時代、大臣東方プラスチックが一日の旅の太母山下が見えて、この山は高くそびえる壮麗、拔类超群、偱路道険峰山と並べて、怪山嵯峨、雲霧はぼんやりして、山の芋が鰻になる、例えば仙境のように.またいたるから摩宵峰山頂、はるかに見渡す.見はるかす、海天一色、活き活きした気がみなぎる>

About 高齢者の高血圧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です