Go to...

一枚の古紙の旅行

 私は一枚一本楊幹に加工した美術紙.

1台の大きなトラックに老フォン売る店というところを、大きなトラックに連れて行っている.一日目、私の兄弟姉妹はすべて私を離れて行きました.翌日、私に売却される1つの三年生の男の子という王小明.数学の試験、小明は私が下書き紙として、試験後、彼と友達から紙飛行機につ折り、その中は私一人になりたいと思っていた.私たちはこのまま、その主人は中空になって、半天、私の頭は痛みになりました.どのくらい知らなくて、私は私の小さい主人に1つの隅に投げた.授業がある、小さな主人は私が拾って帰って来て、私は善良な老人が拾って来てから開いて、そして1つの大きい手のごみの車の中で家を持ち帰って家を持ち帰って.老人の家はまた暗く、また汚くて、また汚い、1匹破れた小さい鉄鍋と1匹のぼろぼろのストーブと、毎日食べるご飯は山芋といくつか粗雑な米を干します.

私は、何日か、私の身の回りの友達が多くなりました……十数日後、老人の家はすぐには入れない.ついに一日、老人は私たちを大型の廃品回収ステーションに送ってくれました.老人はそこから100元を得て喜んでいる.

私たちはまた、大きな工場に送られてきました.私たちは、伝送帯において、大きな池のそばに運が入っていました.大きなごう音を聞くと、私たちは大きな池に入りました.大池には水がひどく、私の頭も痛い、知らないうちに気絶してしまいました.私が目が覚めた時、私は自分が1枚のまたきれいできれいな大きい白紙をきれいになったことを発見しました.その後、私と私の友達はまた1つの機械の装丁と一緒に、1つの上で2学年の女の子の手の手を売ることを売りました.

もうこれから、私と私のあれらの友達はまた私のあれらの友達はまたなくて、私の生活の中で、私の私のあれらの友達はまたなくて、私の友達とした生活.

Pは、

About 高齢者の高血圧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です