Go to...

あなたの高齢者の高血圧歯磨き方法は正しいですか?

私は国のほとんどの人は歯を磨いている時すべて横になって法に慣れて、特に力を入れて横でこする人、常に典型と深刻な楔状の欠損と歯ぐきがしりごみします.轻者早期歯ぐきの傷、歯が痛不快感、重症歯ぐきの萎縮、歯髄病、根の先に歯週病も折れて、下で紹介してからの1種アメリカ歯科協会の推薦の低温歯磨き法.

p>バーセル歯磨き法<と歯肉溝清掃法やレベル震え法、有効的に除去歯肉溝近くや歯肉溝内菌斑を防ぐために、歯週病、減少くさび欠け.

第1歩:選択軟毛歯ブラシは、高齢者の高血圧、歯ブラシと歯のロングホイールベースは45°~60°角根尖方向を指し、上顎牙に歯の下に、あご、歯ぐき-歯を境界区毛一部に歯肉溝、一部屋に歯肉の縁に限りなく隣の隙間に入るで、柔らかな圧力を毛略ブラシが弧をブラシ1作前後方向短距離のレベルが震えてご~ろく度、震える時歯ブラシ移動約いちミリ、毎回歯に~さん、ブラシで1組の牙時の注意を重ねて置いて、ブラシ上顎歯ブラシ毛朝に少し歯ぐきカバーブラシで、歯にブラシ毛朝で、同じ要領に従ってブラシ.

p第二歩:順序に注意して.口を大きく開けて右から最後の歯は後方頬順次ブラシに左侧、そしてまた左から右へ咬合面ブラシ咬合面、順次順序を防止漏れは右から、右終瞭.左手で左侧、右侧、右侧、右侧には、右侧.左手后牙舌ブラシ右侧、右手后牙舌ブラシ左侧.(口訣:歯を磨いて右から、右侧に終わり、頬同側手、舌の側に侧手)最初慣れないが、少し练習して、すぐに詳しい.

歯磨きの時間と回数を注意して、歯磨き時間と回数を注意して.歯の表面を保証するためにすべて十分なよふ時間があることを保証するため、毎回1分下ら、朝晩各1回.夜は朝より歯を磨いて、もっと重要に.昼は食事後に口腔は清潔に作用して1部の食品の殘滓を解消することができます.睡眠後口腔の活動停止、唾液の分泌は著しく減少し、歯に役立たない洗い流して自己洗浄作用食べ物の殘りかすが比較的に長い時間が止まって、細菌がこれを養分が、大量の生長の繁殖のため、朝晩歯磨きが重要.

About 高齢者の高血圧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です